「私は(も)上原公子」市民自治の声を集めて支払い完了/市民自治のたたかいが司法と行政の誤りを照らし出す

▲click!(記念集会ビデオを見る)

2017年12月16日(土)、記念集会“祝 完全弁済”「私も上原公子」― 市民自治・私たちの選択」には、遠方からもおおぜいの方にご参加いただきました。
上原基金は目標とした5,000万円を超えました。基金の決算報告を含めて、皆さまとこれまでの歩みを共有できましたことを深く感謝申し上げます。
16日の集会は、IWJが中継をしてくれています。ぜひ、開いていただきたいと思います(右上の写真をクリック!)。
ここに、当日のタイムテーブルに沿った形で、写真仕立てで報告いたします。
*****
18:30 ハーモニカ(柘植洋三)、クラリネット(高野幹英)、ピアノ(梶山ななえ)でヘンデルのオラトリオ「若き日は再び(見よ、勇者は還りぬ)」で開幕♬

▲決算報告をクリックすると別ページで開きます

Ⅰ. 経過報告:①上原基金1万人運動+基金「決算報告」佐藤和雄代表理事

  ②景観市民の会より報告 家坂平人
 


Ⅱ. 支援者たちからの発言
「呼びかけ人」 より (写真右)五十嵐敬喜さん。(写真左)右から伊藤真さん、池田香代子さん、鎌田慧さん、小林緑さん、佐高信さん、保坂展人さん。

「勝手連」の皆さんより 右より所沢の末吉市議、国立ネットの山内都議、川崎まちれんの小磯さん、景住ネットの上村さん、ひろ子がんばれネットの柘植さん、市民ネット昭島の黒川さん、市民ネット千葉の大野市議
「国立市議団」より *国立市(永見市長)は「賠償金4,556万円」を財政調整基金に積んだとの現状
報告あり。右より 関口市議、重松市議、高原市議
 

Ⅲ. 上原公子さんからの発言 「上原弁護団」とともに
(上の写真はフリージャーナリスト田中龍作さんの撮影)

▲集会声明をクリックして別ページで開く(PDF版)


最後に「声明文」―「私は(も)上原公子」市民自治の声を集めて支払い完了/市民自治のたたかいが司法と行政の誤りを照らし出す」を読み上げました。

*ロビーにて、新刊ブックレット『国立景観裁判・ドキュメント17年』を販売。

コメントを残す