ブックレット『国立景観裁判・ドキュメント17年―私は「上原公子」―』まもなく刊行!

 本ブックレットが、12月16日、「祝 完全弁済」の集会で刊行・発売されます(自治体研究社刊)。国立景観求償訴訟に関わった当事者・上原公子さんと弁護団の中心メンバーの窪田之喜弁護士と田中隆弁護士、また上原基金1万人の会・事務局の小川ひろみが、この訴訟と支援運動について振り返り、今後の景観運動と市民自治のあり方を展望しています。2000年から始まった明和マンション裁判とその結末、さらに元首長個人に課された賠償金をどう受け止めたのかの17年のドキュメントです。
本書装丁は、立体人形で人気のkucciさんがイラストを書いてくださっています!

コメントを残す